窓ガラスの遮熱・断熱対策

窓の遮熱・断熱アイテムの種類と特長

夏の灼熱地獄、冬の底冷え解消は窓の遮熱・断熱対策で改善できます。 建物部位で熱の流入・流出が大きいのはズバリ!「窓」です。

窓の熱流出入画像出典:エコ窓普及促進会

上記画像のように熱を入れてしまう、逃がしてしまうのが開口部といわれる窓なのです。この原因となる窓の遮熱断熱対策を施すことにより快適な環境が整います。 遮光カーテンやブラインド、ロールスクリーンなど様々な対策品がありますが、どれをとっても暗くなってしまうことが玉にきず。 室内の明るさを適度に保ちながら遮熱・断熱できたら最高ですね。

代表的なアイテムをご紹介いたします。

熱線反射ガラス

熱線反射ガラス代表例

板硝子の表面に金属をコーティングしたものです。遮光性能と眩しさを防止する機能に加え、日中は鏡のような反射があり外から中は見えにくく意匠向上にも繋がります。主にビルや商業施設、学校や病院などに採用されており、主に遮熱や遮光対策に用いられます。複層ペアタイプもあります。

熱線吸収ガラス

熱線吸収ガラス代表例

ガラスの原料に金属を加え着色された板硝子で、イメージは車のプライバシー(スモーク)ガラスのようなものです。日射を吸収するため、空調費軽減や眩しさも和らげます。なお、熱線反射と異なり、鏡のような反射はありません。主に遮熱や遮光用途に採用され、グレー、ブロンズ色が普及しています。

複層(ペア)ガラス

複層ペアガラス代表例

2枚のガラスの中心部にスペーサーで中空層を設けたガラスです。断熱+防露タイプが一般的で高機能になると高断熱+高遮熱+防犯+防音+防露性能が付加されたタイプもあります。最近の戸建てマンションの新築では標準採用されることがとても多くなってきました。

アタッチメント付
複層(ペア)ガラス

リフォーム用複層ペアガラス施工例

リフォーム用の複層ペアガラスです。一枚ガラスしか設置できない旧タイプのサッシに対応したモデルで、サッシフレームの交換することなく窓の遮熱・断熱・結露防止対策が可能です。中空層にアルゴンガスを封入した高遮熱・高断熱タイプもあります。二重窓(内窓)が苦手な方、もしくは取付が困難な場合に威力を発揮します。

遮熱フィルムシート

遮熱フィルムシート施工例

既存のガラスを交換することなく遮熱フィルムシートを施工することによって遮光や眩しさを軽減できます。効果も三段階から選択できるので、用途や目的に合わせたセッティングが可能です。耐久性も通常使用なら10年前後は効果が持続します。また、不要になった場合等は、剥離もできます。赤外線カット+UVカット+飛散防止効果があります。

内窓(二重窓)

二重窓(内窓)

既存の窓の室内側にもうひとつ窓を付けるのが内窓(二重窓)です。二重サッシと呼ばれることもありますが、多機能なので多種の不快感を改善できる窓です。基本性能は「断熱・結露防止・防音」ですが、高機能ガラスを採用することにより「高遮熱・高断熱・結露防止・防音・防犯」効果が生まれます。また、フィルムとのマッチングもできるので、考え方次第ではオリジナル窓にもなります。戸建ての寒さ改善、マンションの結露を止めたい方におススメです。

サッシ交換(壁カット工法&カバー工法)

サッシ交換

既存窓を丸ごと交換してしまう工法です。遮熱や断熱タイプの最新サッシへ取り替えることが可能です。既存窓が正常動作せず不具合あったり、見栄えが悪く新しくしたい意向がある場合は、サッシ交換がおススメです。原則としてサッシ工事のみでお取替えができますので、ワンディリフォームで仕上がるのも魅力です。

お問合せからご注文、工事まで

遮熱・断熱の流れ

窓名人の遮熱・断熱対策 6つの安心

  • ガラスサッシ&フィルム工事の専門店だから安心
  • 窓の遮熱・断熱対策は主な方法として下記の方法が挙げられます。

    1.熱線反射や熱線吸収ガラスへの交換
    2.複層(ペア)ガラスへの交換
    3.遮熱フィルムシートの貼付
    4.内窓(二重窓)の取付け
    5.サッシ交換

    ガラスだけの選択とフィルムだけの選択、または内窓だけの選択で考えてしまうと本来の性能を発揮できないどころか、対策を施してもマイナス効果にさえなりうる可能性もあります。状況によっては、サッシ丸ごと交換も視野に入れたほうが良い場合もあります。 また、遮熱と防音や断熱と結露防止など、複合的な効果を望まれるケースなどは特に注意が必要です。 戸建てやマンションの住宅からオフィスや店舗の商業施設など、状況に合った適材適所のご提案をさせていただきます。

  • 休日も対応
  • 土日祝祭日の施工や工事もよろこんで対応いたします。 休日は混み合うこともあるため、お早目のご予約をお待ちしております。 新築の戸建て&マンションは入居前の工事がおすすめです!
    ※臨時休業があります。詳しくは「営業カレンダー」をご参照ください

  • 一級施工技能士による工事
  • 国家試験に合格した一級技能士が工事をいたします。 ガラス施工、フィルム施工、防犯フィルム施工とも取得済みなのでご安心ください。いくら技術が上手でも資格がないと不安ではありませんか?資格が全てではありませんが、資格取得にはそれなりの知識と技術と経験が必要なのです。

  • 親切丁寧が自慢の職人ってめずらしい?
  • チョット変わり者でしょうか(笑)仕事内容も自慢ですが、最大の自慢は親切丁寧と自負しております。ご不明点は何なりとお尋ねください。わかりやすくお応えいたします。

  • 安心の無料見積もり
  • 当店では価格表を提示しておりますので、ご参照ください。 ご不明点がある場合は、ご遠慮なく電話もしくはメールなどでお問合せください。 また、現地でのご相談やご提案も無料にて承っておりますのでお気軽にお申し付けください。。

  • クレジットカード決済に対応
  • 当店では現金払い、クレジットカードでのお支払いが可能です。
    ※1.クレジットカード決済は一括払いのみです。
    ※2.決済額の上限があります。
    ※3.一部カードでは、決済手数料がかかる場合があります。
    ※4.電波状況等によりカード決済ができない場合があります。
    ※5..カード決済は¥20,000以上からお願いいたします。

窓ガラス遮熱・断熱対策品の参考費用一覧

価格表にないもの、またわからない場合はお気軽にお問合せください。

ご相談、お見積りは無料です。また、施工数量が多いほどは割安になります。

種 類
主な用途
大きさ 横×縦
価格(税込)
アタッチメント付
複層ペアガラス
エアータイプ
リフォーム用
遮熱・断熱
結露防止
ガラス透明
FL3+FL3
90cm×90cm
¥24,400
アタッチメント付
複層ペアガラス
エアータイプ
リフォーム用
遮熱・断熱
結露防止
ガラス透明
FL3+FL3
90cm×180cm
¥45,400
遮熱フィルム
内貼用
遮熱
飛散防止
UVカット
淡色グレー

濃色グレー
80cm×180cm
¥12,960
㎡ / ¥9,000
内窓
二重窓
遮熱・断熱
防露・防音
ガラス透明
単板5mm
165cm×110cm
¥40,300
内窓
二重窓
遮熱・断熱
防露・防音
ガラス透明
単板5mm
165cm×220cm
¥81,400

上記料金のほか、下記の基本料金が加算されます。

基本料金
一律現場毎
フィルム施工除く
¥5,400

※1.上記はガラス代+工事代+出張費など全てが含まれております。
※2.ビート(パッキン)交換、シール(コーキング)施工、パテ施工は別途料金が発生いたします。
※3.足場や高所作業車が必要な場合は別途料金が発生いたします。
※4.内窓・二重窓の取付にはオプション部材が必要になることがあります(別料金)。

フィルム施工
基本料金
施工面積6㎡未満
施工面積6㎡以上~10㎡未満
施工面積10㎡以上
¥10,800
¥8,640
¥6,480

※1.当店推奨フィルム使用時の値段です。指定品の場合は別途お見積りいたします。
※2.上記はフィルム代+工事代+出張費など全てが含まれております。
※3.窓やサッシが著しく汚れている場合は別途料金が発生いたします。
※4.足場や高所作業車が必要な場合は別途料金が発生いたします。
※5.駐車場代はご負担ください。

遮熱・断熱対策工事の対応エリア

エリア外の方は、お問合せください。

千葉県
習志野市・八千代市・船橋市・市川市・浦安市・松戸市・流山市・野田市・柏市・我孫子市・白井市・鎌ヶ谷市・印西市・成田市・富里市・佐倉市・四街道市・八街市・東金市・山武市・市原市・茂原市・袖ヶ浦市・木更津市・酒々井町・栄町

千葉市
花見川区・中央区・美浜区・稲毛区・若葉区・緑区

東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区

窓の遮熱・断熱対策をガラス製品とフィルム製品とサッシ製品を一社で提案できる業者はとても少なくどうしても偏りがちになっています(一般的には「ガラス屋」「サッシ屋」「フィルム屋」で分かれます)。

当店の強みはこうした選択肢から適材適所の方法を選べるところであると自負しております。そのため当店では少しでも多くの方に窓のお悩みを解決いたしたく、対応エリアの範囲を広域設定しております。

ご相談・ご質問は下記からどうぞ!

連絡先

メールの方は下記からどうぞ!

メール連絡先

フォームご利用の方は下記からどうぞ!

フォーム

窓ガラスリフォームの良し悪しは打ち合わせが肝心要

窓リフォーム用の二重窓

「仕上がりがイメージと違う」や「思ってたほど効果が低い」など工事後のトラブルを未然に防ぐためにも十分な打ち合わせが必要です。
まずは優先順位、例えば「断熱が一番」とかがはっきりしていると、ご提案内容が明確になりますし工事後の満足度もあがります。
窓リフォームの成功に向け、あいまいなオーダーは絶対にやめましょう。最適な窓リフォームのため日々勉強いたしております。

電話受付から工事まで責任対応

責任者

よくあるコールセンターの受付と異なり一級施工技能士の私が全責任をもってご対応させていただきます。
会社の規模では大手さんには勝てませんが、情熱と熱意そして親切丁寧なら負けません!

創業から9周年、8期連続黒字決算がお客様からの評価と自負しております。
また、よく現地でありがちな「電話で聞いていたことと違う」という心配もございません。

工事保険加入済み

工事保険

長年ガラス工業を営んでいますが、過去の工事で事故は一度だけ。その時ばかりは 保険を使わせていただきました。
だからといって気を抜くことなく、事故0災害0を目指して安全作業で頑張っております。

保険はお守り代わり、万一に備えて富士火災海上保険の「工事王」に加入しております。

フィルム施工後の仕上がりについて

施工直後は水泡が出たり白濁したりすることがありますが乾燥とともに消滅いたします。日当たりや方位、空調稼働有無や季節により異なりますが、一週間~数か月で完全乾燥いたします。

目を凝らしてみるとフィルム表面に小さな凹凸があることがあります。施工中に混入したチリやガラスに固着し除去不能な異物などによるものです。100%阻止することはできませんので、多少は出てしまうことを予めご了承ください。

フィルムとゴムパッキンもしくはコーキングのクリアランスを0.5~3ミリくらい設けます。フィルムの種類やガラスサッシの納まり、ビートやシールの状態により適切な施工をいたします。

窓ガラスの熱割れ現象について

既存の窓ガラスにストレスを与えるフィルムを貼ると、ひび割れが生じる可能性があります。フィルムの誤った選択はガラス破損に繋がりかねませんので、事前にご確認ください。

網入りや線入りガラス、複層ペアガラス、熱反射・熱吸収ガラス等ではないですか?これらのガラスに濃色フィルムを内貼りすることはおすすめできません(外貼りは可)。

窓ガラスの至近にカーテンやブラインド、またはベットや家具などはないですか?室内の窓際に熱がこもるような場合、配置換えなどの改善が必要です。

エアコンやヒーターなどの空調機の風が窓に直接当たっていませんか?風がダイレクトに当たらないよう改善が必要です。また、屋外にある室外機も同様です。窓に被らないようにするか、もしくは距離を設けるなどの配慮が必要です。

日中を通して窓に影ができませんか?(建物や電柱、街路樹や植木など)。動かせない障害物はどうすることもできません。ガラスにストレスをかけにくい種類の選択が必要です。

熱割れ現象は様々な要素が起因して発生しますし、フィルム施工の有無で起きる起きないが出るわけでもありません。なぜなら、悪条件が整うとガラス単体でもこのような現象は起きることもあるからです。
なお、網入りガラスや線入りガラス特有の「錆割れ」とは異なります。

施工後の熱割れ現象は補償対象外となりますので、事前に十分ご検討ください。

売れ筋ランキング

初秋の売れ筋ランキング

  • 二重窓(内窓)

    内窓

    遮熱断熱の決定版は内窓です。高品位のLow-Eガラス採用により、夏は涼しく冬は暖かい窓辺が実現できます。

    特に「冬場になると窓際が寒くて結露が発生する」や「夏は日当たりが良すぎて暑く外部の音も気になる」などの複合的な解決を望んでいる方にお勧めのアイテムです。

  • 真空ガラス スペーシア

    内窓

    8月の中旬過ぎから一気に涼しくなった影響からか、例年に比べ出足が早く感じています。

    徐々に涼しくなってきて窓からの冷気や結露発生に悩む今日この頃。ガラス交換で断熱ができて結露が止められるガラス。

    サッシ交換の必要がなく短時間でエコガラスに変身!

  • ガラスフィルム

    窓ガラスフィルム

    窓ガラスの悩みを目的別でお手軽に解決できるのが「窓ガラスフィルム」です。

    例えば、「直射日光が降り注ぎ灼熱地獄」の場合は遮光シートや遮熱フィルムがピッタリ!

    また、「隣のお宅からの視線が気になる」というプライバシー対策には目隠しフィルムが最適です。

    その他、飛散防止や防犯対策、デザイン装飾などもございます。

ご相談・ご質問は下記からどうぞ!

連絡先

メールの方は下記からどうぞ!

メール連絡先

フォームご利用の方は下記からどうぞ!

フォーム

このページの先頭へ